消費者金融って保証人は必要ですか?

お金を借りるとなったら、やはり一番簡単に借りることができるのは、消費者金融でしょう。そのスピードも便利さも一番です。消費者金融なら、保証人も担保ももちろん必要ありません。銀行では、度々、保証人や担保が必要なことがありますよね。しかし、消費者金融なら、その必要は一切ないのです。

大手の消費者金融では、ほとんどの申し込み条件として、「20歳以上の安定した収入のある人」としています。ですので、学生でも主婦でも、アルバイトやパートで安定した収入を得ていれば、申し込むことは可能です。

審査では、主にこの安定した収入があるかどうかと、過去の借り入れ履歴について調査されます。安定した収入は、書類と在籍確認が行えれば、特に問題はないはずです。しかし、過去の借り入れ履歴で、例えば、延滞や滞納を繰り返していたり、未完済の借金が残っているなどの、金銭トラブルがあったりすると審査には通りません。

また、一つの会社で審査に通らなければ、他でも審査には通らないと考えて間違いないでしょう。ブラックリストに載るような、金銭トラブルの情報は、多くの消費者金融で、共有されています。

そして、同じ時期に、いくつもの消費者金融に申し込みを行うことは得策ではありません。その情報もまた、全て共有されているので、かえって怪しまれてしまうことでしょう。

しかし、審査に通過すれば、後はとても便利です。カード一つで、借入から返済まで、最寄りのATMで済ませることができます。

関連記事